IMG_7208.JPG

SHIHO KOH (コウ・志保)

クラニオセイクラル・セラピー プラクティショナー

カリフォルニア州認定 エサレン®ボディワーク プラクティショナー


 

終了したコース
 

・EMBA認定 エサレン®ボディワーク

・バイオダイナミック・クラニオセイクラル・セラピー  
 

・クラニオセイクラル・セラピー  レベル 1, 2   (Upledger Institute)
・ソマト・エモーショナル・リリース レベル 1, 2   (Upledger Institute)
・ハコミセラピー (ワークショップ)

 

オンラインコース

・The Science of Happiness     (UC バークレー大学・心理学オンラインコース)

・Introductory Psychology   ( SMES PSYCH101 x   心理学オンラインコース) 

 

プロフィール

10歳からアメリカに渡り、アメリカの高校を卒業後、カナダで写真を学ぶ。

帰国後、英国人フォトグラファーのマネージメントを勤めた後、
海外からのセラピストやカウンセラーの通訳を始めボディワークを学ぶようになる。

エサレン・ボディワークの認定を受けた後、クラニオセイクラルを学ぶ。

セラピストとしての活動を始めてからも、クラニオセイクラルをより深く学び続け、心理学・脳科学なども学んでいる。

セラピストとして最も得意とすることは、クライアントの身体の状態を感じとり、(必要があれば)感情の解放ができるようにお手伝いすること。

 

セラピストからのご挨拶

 

サイトにお越し頂き、どうもありがとうございます!

セッションを受けられる前に、このページで私を少しでも知って頂ければ嬉しいです。

私がセラピーやボディワークに意識的に興味を持ったのは、セラピストの通訳を初めてからですが、

昔から、いろいろつまずく子だった私は(笑)、多分ずっと昔から変わりたいという気持ちがありました。

私は、長い間、自分自身が分かりませんでした。

子供の頃から、なんとも言えない『難しさ』があり、自分には何かが足りない(もしくは重すぎる)ように感じていました。

子供の頃から日本を離れて暮らし始め、日本、アメリカ、カナダなど色々な場所を行き来するうちに、自分の居場所が分からなくなることもありました。

そのお陰で(?)ヨガや瞑想を始め、様々なセラピーやボデイワークを経験し、良い先生とお会いする機会に恵まれ、クラニオセイクラル・セラピーを始めました。

 

私がセラピーを始めて、やっと理解できたことは、自分自身が誰か分からないのは、他人を基準にして、自分は「こうあるべきだ」という理由のない制限をかけているからだということでした。

私たちは、子供の頃から周りの大人や学校などの組織の中で、他の人と常に比較され、他人に評価された価値で生きています。

「自分らしく生きたい」「自分でありたい」と感じることは、人間として当然のことであるはずです。けれど、他人と比較されて生きてきた私たちは、「自分」というものと上手に向き合うことを教わっていません。

私も、自分と向き合う方法、自分に愛情をもって接する方法を知らず、長い間、自分が重く難しい存在に感じていました。

 

「自分自身になる」ということは、どこか自分の外にある答えを見つけるのではなく、自分の中への探求です。

私たちには、無理をしなくても、頑張らなくても、ありのままの自分の中に必要なパワーがあります。

セッションを通して、皆様が本来のパワーと、心と身体の健康を再認識して頂ければ嬉しく思います。

 

お会いできるのを楽しみにしています!